2014年 セリーグの順位を予想する

今シーズンのセリーグの順位を予想しようと思います。パリーグは毎年混戦なのでけが人やシーズン中盤の戦略で左右されそうなので予想は無理。

セリーグは比較的、投手の戦力順になるので予想しがいはあります。投手力で考えると俺流の予想は、

1.巨人の優勝は50% (2013年を90%とすると)投手力は菅野が入ったがそれ以上に全体が年々落ちている。
2.そのため、巨人の貯金が昨年よりも-10と考えると、混戦になる
3.吉見復活あるか?それ次第では、ドラゴンズが鍵を握る
4.横浜は最下位争いでAクラスはない。エラーのオンパレードでは勝てない。攻撃力はセリーグ1位だと俺は思っている。
5.広島も昨年は3位だったが、勝率5割。先発はいないが中継ぎが成長しているのでダークホース。
6.ヤクルトは昨年最下位だったが、けが人が多いのが理由。バレンティンもいるし、戦力は高い。

などなどいろいろ条件をつけてみた結果、いかに1点差ゲームで勝つかがポイントではないかな。そうなると、巨人は無理。1点差負けの試合をひっくり返す力はない。

1位 中日 首位との差
2位 巨人 3.5ゲーム差
3位 ヤクルト 5.5ゲーム差
4位 広島 6.5ゲーム差
5位 阪神 あと知らん
6位 横浜 あと知らん

今の時代はオープン戦の内容も参考になるので(昔は当てに出来なかった)ここで予想は多少変わると思うけど現時点での予想はこうなった。

そもそも、なんでこんな記事を書いたか。どっかの新聞の解説者の予想がみんな巨人1位だったから。なんかおかしいと思ってね。だから書いた。

追記

投手力でいったら、広島に大瀬良が入団したでしょ。貯金5は計算できると考えていて(10勝5敗とか)実を言うとこれで優勝も狙える戦力ではあると考えてはいるのだが、広島には夏の暑さがあるから4位という予想をした。もし、涼しい広島ドームがあれば優勝争いすると予想していたでしょう。逆に中日は多少先発が不安でも冷房で夏は乗り切ると考えている。