僕の戦略プランが7割当たった 2012日本シリーズ第1戦 巨人-日本ハム

昨日書いた「こう戦え」に書いたことを7割近くではあったが戦略を持って戦ったら圧勝してくれた巨人。内海の粘りや盗塁の差、村田、矢野のセンター方向のバッティングなど、これまで書いたポイントすべてではなかったが、見事に僕の策が当たったと自負しているがどうだろう。(意義ある人はコメントして)

これで、「どう考えても不利」から、「5割の関係」に持っていった。そう、まだ5割だ。日本ハムは札幌ドームでの戦いで流れが変わるからだ。しかし、明日勝てば日本一99パーセントになる。明日の先発は澤村でいけ!。澤村よ、日本ハムには粘りがあるから、もし明日登板したら(ホールトンにも同じことだが)こう投げよ!!

「変化球を多めに投げ、緩急をつけ、ストレートで外野フライの山を築け」

つまり、日本ハムはストレートに絞る。そこの裏を書いて試合の後半にストレート中心に組み立てるのだ。腕は振りつつ冷静になれよ!

この勝利で巨人の状態がいいことが確認できた。大丈夫だ。もう長々と書く必要はない。さぁ、日本一に向かって走れ!!