2012日本シリーズ戦力分析 第3章:巨人の戦い方2(初戦)

 さて、今日は巨人が日本ハムに初戦の展開予想と対策、ポイントをまとめました。不利である巨人は(いままでの記事参照)こうなりそうだから、こうして戦え!

 1.内海は先制点を喰らいそうだから、何が何でも踏ん張れ。

 もし、先発が内海ならば、先制点を喰らう可能性が高い。十分な休息がないことと、持ち味の粘り以上に日本ハムも粘るチームだからだ。内海は、相手がエース級だと先制しやすくなる傾向がある。理由は良く分からないが(笑)。おそらく、ホームランによる失点ではないかなと思っている。糸井、中田はチェンジアップを有効に使い抑えるだろう。なんとか。

 問題は稲葉だ。彼は内海に強い。だから稲葉には無理してインコースを投げるな。そして、下位打線できっちりアウトを取れ。

 2.吉川対策では、2順目で見極めろ

 吉川の持ち味は150キロのストレート。元々コントロールは悪いが、今シーズンはそのコントロールを改善し、勝ち星を重ねた。だが、元々コントロールが悪いのなら、その苦い記憶を呼び戻してやれ。最初の3回はおそらくチャンスは作れないだろう。しかし、一本のヒットの後、ランナーを出した後のわずかな変化を見逃すな!ファーボールを念頭に置き、強引に打ちに行くな!

 3.右打者はセンター、左打者はレフトに打て。

 その吉川は、僕は能見に似ていると思う。低めに集めるし、腕の振りがいい。落ちるボールも鋭い。しかもクロスファイアーに投げてくる。だから、右打者がポイントだ。長野、坂本、特に村田だ。低めに集めるから強引に引っ張らず坂本以外、センター方向を狙え。坂本は、必ずインコース低めに来る。坂本しか打てない得意なコースだからおもいっきり引っ張れ!そして、アウトコースは強引に打つなよ!。

 阿部や高橋は、逆らわないようにレフト方向に打つんだ。甘いボールはそう来ない。まぁ、来た時は好きに打てばいいが、基本はレフトに打て。可能性が大きく高まる。

 4.盗塁が鍵を握る

 日ハムの鶴岡は、盗塁阻止は阿部に比べたら少ない。そして、日本ハムはよく仕掛けるチーム。阿部よ盗塁は絶対刺せ。そして、巨人の攻撃は鶴岡を攻めるようにどんどん仕掛けろ!盗塁なら巨人に分がある。

 僕なりのポイントを書いてみた。僕自信は第5戦があったら札幌に行く予定だ。とにかくホームの利とDH制を上手く使って戦え!