2012日本シリーズ戦力分析 第1章:総論

 今日から頑張って毎日、日本シリーズの戦力分析をテーマに書いてみたいと思います。

 さて、昨日クライマックスシリーズ最終戦で見事に日本シリーズの出場を決めたジャイアンツ。今シーズンは、レギュラーシーズンを圧倒的な勝率で勝ち進み、交流戦も優勝、若手のベテランの戦力も噛み合う等、死角なしに見えましたが、クライマックスでは、最後までヒヤヒヤさせてくれました。

 そして、日本シリーズで対戦するのは、私の出身地札幌の日本ハムです。果たして、日本一になるチームはどこか。戦力の面からもお金をかけている分巨人が有利か、いやいや、ソフトバンクにストレート勝ちし、若手に勢いのある日本ハムか、多方面で分析したいと思います。

 まず今日は、チーム全体をみてクライマックスの戦い方を参考に考えてみたいと思います。あらかじめ言いますが、私は巨人ファンなので、巨人がどんな状況でも、たとえどんなに強がってでも、馬鹿と言われようとも、日本一になる前提として書きますのであしからず。

 早速ですが、いろいろ考えた結果 日本ハムが断然有利です。(笑) 

 巨人が日本一前提と言っておきながらですが、日本ハムが有利なのは間違いありません。ここで注意ですが、あくまで有利であり日本一は日本ハムと予想しているわけではありませんので(強がり)

 その理由1:クライマックスで巨人の弱点と強さを6戦見ることができた。

 クライマックスでの巨人の弱点は最初の3連敗で表面化しました。弱点はピッチャー陣は四球を良く出すこと、バッター陣は追い込まれる前にブンブン大振りすること、阿部、高橋は体の負担が大きいこと、村田が穴、長野は以外に出塁率は高くない、各バッターの攻め方(配球)、西村、山口は度胸がない性格など、1シーズン分を6試合ですべてキリがないくらい表面化しました。そして、強みは執念を見せた巨人の底力、総力戦の原監督の采配などです。これらについては後日書きますが、6戦分見れたことが巨人にとって非常に不利なのです。

 日本ハム側からすると、巨人の弱点や采配のデータ6戦分が日本ハムのスコアラーにすべて記録されたことです。正直言って今頃日本ハムのスコアラーは大笑いだと思います。データだけでなく、巨人戦の戦い方を中日がお手本を示したくれたからです。特にキャッチャーのリードは非常に参考にされることが不利なのです。

 一方日本ハムの分析をしたいジャイアンツですが、日本ハムはソフトバンクにストレート勝ちしたため、短期決戦のデータでは3試合分しかありませんし、尚且つピッチャーも 先発-(石井)-増井-武田久 のパターンを徹底させ勝利したため、他のピッチャーの持ち味が分かりにくい点が不利です。ですので、巨人は少ないデータで増井、武田久、先発を分析しなければなりません。

2つ目の理由:日程面

 これは、単純に日本ハムは3試合しか戦っていないので、日本シリーズ開幕まで中7日、一方の巨人は中4日。体力面でも巨人は不利ですし、なにより先発ピッチャーの負担が大きいのです。仮に1戦目の先発が内海-吉川だったら内海は中5日でその前は中3日という過密日程、一方吉川は中9日とゆったり調整。こういう面からもピッチャーの回復日数が足りなく、非常につらいのです。おそらく巨人はピッチャー陣は持ち味の80%しか出せないでしょう。一方日本ハムは105%は出せます。

3つ目の理由:怪我人

 巨人で不安な選手は阿部の膝、高橋の腰、杉内の肩であり特に巨人の主軸バッターは怪我との戦いです。中心選手が走るのに精一杯なのに対して、日本ハムの糸井、中田、小谷野はピンピン。休養もたくさん取れたので日本ハムのほうが走れる選手が多いです。つまり巨人は全力で戦えない選手が中心選手。こうなると、日本ハムは内野安打で稼げるチャンスがあり、巨人は途中離脱のリスクもあるのです。

 ここまで書くとだんだん疲れてきたので続きは明日にするとしますが、その他の巨人の不安要素として、

4つ目の理由:巨人戦に強い稲葉

5つ目の理由:巨人は吉川のスタイルが苦手、それは能見タイプだから。

6つ目の理由:原監督の自己満足的な采配のリスク(亀井とか)

があります。これらの理由は大体分かると思うので細かく書きませんが(というか疲れた)結構不安要素があるでしょう?特に日程面とスコアラーのデータ取りに関しては日本ハム側は大笑いだろうな。特に谷繁のリードは日本ハムにとって本当に参考になるだろうから。

次回は、日本ハムの少ない弱点と、勝敗のポイントを探したいと思います。コメント待っています。あつコメントといってもこの記事はたくさん続編があるので、この記事だけで判断しないでください。