ホールトンの相性と追い込まれた中日・・・巨人-中日 CS第6戦

 ホールトンの冒険は予想以上の活躍だった。初回、2回と四球を連発したときは2回まで持てないのではないかと思ったが、よく踏ん張ってくれた。一方中日の伊藤は引っ張りすぎた。

 中3日で普通のピッチャーならば、2回持てばいい方なので、あの場面で引っ張った高木監督と権藤コーチは、いつまでも後悔するだろう。もちろんほかのピッチャーも体力的に相当きつい事情は分かるので、必ずしも交代が正しいとは言えないことは理解している。だから、あの続投の場面は「高木監督の馬鹿采配」とまではいえない。だけど、長年野球を見ていれば勘所が働いて投手交代が正しいというシナリオが描けるようになると思うのだが皆さんどうでしょう。何のための総力戦なのか。

 しかし、はっきりといえるのは、続投判断はいつまでも後悔するだろう。

 さて、巨人のホールトンガ立ち直った要因として僕が注目したのは、中日の右打者だった。ホールトンが四球を出したのは、大島と井端と森野だが、大島と森野は左打者。どうも立ち上がりは左打者に投げにくそうだった。一方で右打者へのコントロールは比較的安定しているように見えた。これはおそらく、ホールトンのスライダーが左打者には見えやすかったのだと思う。だからうまく見切れられて四球という結果になったのではないか。

 一方で右打者に通用したのは、インコースが決まっていたから。つまり、インコースギリギリのところで決めたことで、意識付けができた。これにより、外に逃げるスライダーが遠く見えたので、ファールにすることができなかったのではないか。

 今日の中日は右打者が多かったから、この策が決まったのではないかと思う。まぁ阿部のリードよりホールトンのクセというものでしょう。(あくまでも阿部のリードを認めない俺)

 草野球の経験で悪いが、僕自身は右投げで、右打者には投げにくい。リリースポイントがうまく定まらないと右打者に良く当てる(おいっ)。右打者、左打者での投げやすさにくさが微妙にあったと思う。

 そして、タイトルの追い込まれた中日バッターについてだが、中日が昨日までなぜ、たくさんチャンスを作ったかというと、バッターが「待ち」の姿勢でいたから。巨人のコントロールの悪さを冷静に見極め、失投はは逃さない、きっちりファーボールを選ぶ戦略だった。

 しかし、昨日中日が負けたことで後がなくなり、待ちの姿勢から「攻め」の姿勢に切り替えなくてはいけない状況にあった。さらに、先制点を取られたことにより余計に、打ちに行かざるを得ない状況になった。

 これにより、巨人側とすれば三振も取り易くなったり、中日の焦りからかボール球を打ち損じも多くなってゴロになったりしたのだ。中盤までは中日の三振が目立ち、終盤はゴロが目立った。

 勿論、今日の試合も今までのように「待ちの姿勢」のほうが良かったかもしれない。序盤ホールトン悪かったしね。でも、最後はやはり打ちに行かないと点は入らないものなのだ。

 巨人は2009年と比べて若い選手が多い中で、短期決戦の怖さと勝ちいく強い気持ち、すなわち執念を出し切ったことは、大きな経験になったと思う。日本シリーズの日本ハムも勝利を知るチームなので(個人的には日ハムは強いとは思わないが、アドバンテージというか有利な面がいくつかある。そのことは後日)、気合を入れて、そして戦略的に戦ってほしい。