3人で抑えた福田、マシソンだが内容は・・・巨人-中日 CS第5戦

9回の石井のサヨナラの場面は、完全に巨人の流れが行きかけた所で乗っての勝利に見えた。岩瀬は巨人側から見れば完全に崩れたとは言えないくらい、悪いなりに投げていたと思うが、スライダーが曲がらなかったところに、いや投げさせる前にチャンスを作った巨人のバッターを褒めるべきか。

6,7,8回と福田とマシソンは、ランナーは7回に一人出したものの、結局三振と盗塁阻止により3人で終わった形となった。これが巨人に流れを傾かせたと思う。今まで、中日の3者凡退が少なく、流れを巨人に引き寄せることが難しかったが、ようやく耐えて耐えた結果、サヨナラにつながったのだろう。いやぁともあれ、福田とマシソンがよく粘ったと思いたいが、投球内容を見ると福田は低すぎ、マシソンは高すぎで決してコントロールはよくなかったと思う。

僕は、ギリギリのところでストライクを取ってくれた橘高ジャンパイアがMVPだと思う。これまでのCSの審判のストライクゾーンがよくわからなかった分、今日は比較的外と低目を取ってくれた。これには伏線があって、初回の内海の立ち上がり不安定だったが、中日のバッター誰か忘れたが、外角をストライク判定してくれて、カウント有利になり、結果アウトになったシーンがあった。多分森野の時かな。ここから、キャッチャー阿部が、ジャンパイアの境界線を見つけ出し、リードすることができたのではなかろうか。

さて、明日の巨人の先発は誰が来るか難しい。小山かゴンザレスだが正直どちらも不安要素がある。おそらく中日に相性が良く、先発経験が豊富なゴンザレスで行くと思うが、

 ・ゴンザレス → 中日に相性はいい。先発経験が豊富。しかし、まだCSで投げていない。さらに最近の調子が良くわからない。デブ過ぎて体が重く、クイック難しそう。

 ・小山    → この間登板して比較的良かった。最近は自分のピッチングが見えてきた。スピードもあり、状態はいい。しかし、精神的にまだ未熟。ランナー背負ったときの粘りに不安がある。

 明日のブルペンの様子で判断すると思うが、ゴンザレスの場合は5回2失点まで、小山の場合は4回1失点まで持ってくれれば、巨人に勝利がグッと近くなる。

 最後に阿部だが、デッドボールの影響でヒットはブランコのギリギリの所だけだったが、あのデットボールで強引になれなくなって(痛いから)結果、力みが消えたのだと思う。惜しいフライもあったが、スイングはムキになっているよりはまだ可能性を感じた。阿部には悪いが、デッドボールで体が痛い分、無駄なアウトは減りそうだ。阿部の場合は5割の力でも芯に当たればホームランになるバッターですので。

PS…

先発ホールトンは個人的には冒険だと思う。内海はもともと粘りがあるから中3日ができるわけで、ホールトンの場合は、2回が限度だと思うが、それでもいいならアリかも。