家系図調査の体験記 第1回(戸籍から墓石調査まで)

今日は、私がこれまでに除籍謄本の取り寄せから、いつもお墓参りを行う寺院での墓石調査までの報告を致します。私の実際の行動から、ご参考になればと思います。

まず、3月下旬に地元の市役所に行きまして、私自身の戸籍を取得しました。料金は750円です。そしてすぐに私の祖父が山形県村山地方の出身だということは、分かっておりましたので(というか、子供のころはよく夏のお盆に遊びにいっていたから)、私の戸籍と、住民票(身分を証明するため)、要求文、申請書、定額小為替5000円分を返信用封筒に入れ、第3章でお話しました、3つのポイントを守り、取得しました。

すぐに、山形県村山地方の市役所の方からお電話があり、辿れるだけたどってくださいとお願いし、1週間後に定額小為替のお釣りとともに、戸籍関係の書類が届きました。4月1日のことです。戸籍は全部で3通届きました。私を1代目とすると、5代前まで分かりました。私の祖父の祖父までです。

私の祖父の祖父は、私の祖父とは違った所に住んでおり(ややこしいな)庄内地方に住んでいました。

4月10日に連休があり、私は山形県にお彼岸にお参りに行きました。庄内地方に足を運ぼうと思ったのですが予算が無く今回は断念しました。

山形の自然は素晴らしく、田んぼの脇を歩く、のどかな所だなぁと言いたいところでしたが、それは子供のころの話。現在は住宅街になっています。

しかし、住宅街を離れると、そこには昔と変わらない自然がありました。帰る途中に山形城の夜桜が綺麗だったので、写真とお花見をしました。